八重洲セムクリニックのNIPT検査の予約や持ち物まとめ

この記事では、八重洲セムクリニックでNIPT検査を受ける際の予約方法、持ち物についてまとめています。

公式サイトでも案内はありますが、いちいちチェックするのは面倒くさいですよね。なので、重要なポイントのみピックアップしてみました。

これから八重洲セムクリニックでNIPT検査を受けることを検討しているなら、きっとお役に立てるはずです。

ぜひ参考にしてください!

八重洲セムクリニックのNIPT検査の予約方法

検査の予約は、八重洲セムクリニックの公式サイトから行うことができます。

電話でも予約できますが、忙しい方はネット予約がおすすめ。予約の手順を簡単にまとめてみました!

①まずは、希望病院を選択します。東京なら八重洲セムクリニック、大阪なら奥野病院を選びましょう。

②続いて、検査の希望日時を選択します。

検査当日が、妊娠10種目以降になるよう気をつけてください。予約日、希望時間が出てくる仕組みになっていますので、都合に合わせて選択しましょう。

ちなみに時間帯は、午前、午後に分かれています。詳細は以下の通りですので、参考にしてください。

午前:9:40~、10:00~、10:20~、10:40~11:20~
午後:14:40~、15:00~、15:20~、15:40~、16:00~、16:20~

③次に胎児数を選択します。3パターンに分かれていますので、適切な箇所を選択してください。内容は、「単胎児(1人)、双胎児(双子)、わからない」です。

④胎児の数を選択したら、次に検査の内容を選びます。検査内容は以下の3種類です。ニーズに合わせて選択してください。

ちなみに、予約時点で決めることができない方、カウンセリング時に相談しながら決めたい方は、「未定」を選びましょう。詳細は以下の通りです。

・基本検査:13、18、21染色体及び性染色体検査、性別判定

・全染色体検査:1~22染色体及び性染色体検査、性別判定

・全染色体+微小欠失検査:1~22染色体及び性染色体検査、1p36欠失症候群、4p欠失症候群、5p欠失症候群、15q11.2欠失症候群、22q11.2欠失症候群の検査、性別判定

・未定

⑤ここまで来たら、お客様情報を入力します。名前、ふりがな、メールアドレス、電話番号を入力するだけです。

あとは、予約ボタンをクリックするだけ!これで予約は完了です。直接入力する項目が少ないため、あっという間に終わらせることができますよ。

八重洲セムクリニックのNIPT検査に必要な持ち物

八重洲セムクリニックのNIPT検査のときに必要なものですが、正直なところ検査費用のみでOKです。

認定施設のように母子手帳を持参するは必要ありません。なぜなら、妊娠周期に関係なく検査を受けることができる検査機関だからです。

ちなみに、支払いは現金一括のみ。忘れずに現金を用意してください。その他に必要なものはありませんし、待合室が狭いので荷物は少なめにしましょう。

ただし、人気のあるクリニックということもあり、待ち時間のときに暇つぶしできるモノがあると良いかもしれません。

かさばらない文庫本など、何か用意しておいてもいいですね。

タイトルとURLをコピーしました