八重洲セムクリニックの陽性だったときの対応

八重洲セムクリニックでNIPT検査を受けた際、陽性反応だった場合、その後どうしたらよいのか不安になりますよね。

一般的には羊水検査などを受けることになりますが、八重洲セムクリニックで引き続き対応、検査を受けることはできるのか気になるところです。

そこでこの記事では、八重洲セムクリニックで陽性だったときの対応をまとめてみました。

実際に足を運ぶ前に細かな点まで調べておきたい!という方は、ぜひ参考にしてください。

NIPT検査の結果が陽性だったら…?

検査結果が陽性だった場合、羊水検査を受けることになります。

一般的に、羊水検査は別途費用が発生しますが、八重洲セムクリニックの場合は全額負担してもらうことが可能です。

ただし、八重洲セムクリニックでNIPT検査を受けた妊婦さん限定となっています。また、検査を受ける際は、大阪にある奥野病院に行かなければなりません。

院長は八重洲セムクリニックと同じですので、その点は心配しなくて大丈夫です。また、中絶にも対応しているため、いざというときに頼りになります。

ちなみに、参考までにこちらの口コミをご覧ください!

なぜ八重洲セムクリニックを選んだのか
八重洲セムクリニックの診断料は211500円(税込)と高額ですが、この診断料には診断結果に「陽性」が出た場合に行う「羊水検査」の費用も含まれています。
羊水検査は通常10万円~20万円程度が相場となっているのでこの代金が診断料に含まれているのはかなりお得と言えるでしょう。
ただし、羊水検査を行うのは大阪阿倍野にある「奥野病院」でしか受けられないのでその点は要注意です。私の場合は、大阪に実家があるので羊水検査を行う際に帰省ができればと考えあまりデメリットには感じなかったです。
また、このように「陽性」が出た場合に迅速に「羊水検査」を行う病院を手配してくれるシステムは、「中絶」という選択をする際に重要だと思います。
お腹の中の赤ちゃんが成長していくほどに、「中絶」をする施術は母体への負担が大きくなります。そんなこともあり、圧倒的スピード感と価格面から私は八重洲セムクリニックを選びました。

このように、陽性だったときの対応の質が高いことを理由に、八重洲セムクリニックでNIPT検査を受ける人もいるようです。

なぜ、陽性だったときのフォローが手厚いのかというと、これは病院の方針みたいですね。院長曰く、「NIPT検査を行った病院で全て対応すべき」とのこと。

だから、妊婦さんの心身のケアに力を入れているのです。なお、NIPT検査前の遺伝カウンセリング、検査後の遺伝カウンセリング、羊水検査は産婦人科の専門医が担当しています。

ですから、検査結果が陽性だったときのことを考えて、すべて1箇所の病院にお願いしたい方は、八重洲セムクリニックが最適です。

 

タイトルとURLをコピーしました