ディテクト(展示ブース出展)

●なぜ受精着床学会への協力をしようと思ったのですか?

弊社商品が、生殖医療に携わる先生方へご紹介したい商品であり、来場される先生が多いと認識しているので協力させていただきました。

●御社の得意な分野と技術について教えてください。

弊社は、様々な画像から特徴点を抽出し移動距離、速度、面積、輝度変化など画像の数値化を得意としています。
生殖医療の分野では、SMAS(スマス)という国産唯一のCASA(精子運動解析装置)を取り扱っており、こちらに弊社の画像処理の技術が詰め込まれています。

また、特注開発などが出来ることも特徴となっております。

●SMASを開発されるきっかけなどあれば教えてください。

弊社はカメラやソフト、画像計測などを行っておりますが、ある大学の先生から、国産で精子の計測器がないので作って欲しいというご依頼をいただいたことがきっかけになります。元々、医療分野を得意としてはいませんでしたが、そういったニーズをお伺いし、「じゃあ、やってみましょう。」ということで着手したというのが経緯ですね。

SMASについて、弊社が主体的に働きかけて出した論文はないのですが、クリニックの先生方などがSMASを使っていただいて出された論文はあります。
弊社サイトにリンクも貼ってありますので、よければご覧ください。

そうですね。ご要望をお伺いしてお作りすることができます。

SMASは15年前から作り始めているのですが、今ではもう三代目になります。
その三代目になったきっかけですが、実は、二代目までは弊社では直販しておりませんでした。医療分野が得意ではないということもありましたので、この製品を販売したいと言っていただいたメーカーに販売を任せて、弊社は製造しているだけという状態でした。

しかし、そのメーカーがM&Aなどで今まで通りに取り扱うことができないという話があり、それであれば直販にしましょうという流れになりました。

直販にして、現場で直に商品の評価をしていただくと、あれもこれもしなければならないという話をいただくようになり、三代目のバージョンを作ったところ各地の大手と言われるクリニックに導入されるようになりました。

そして、若干ですがSMASという言葉が、不妊治療をされている方々の中で浸透し始めていると感じています。

そういった意味では、SMASという製品を育ててもらっているという言い方が適切ではないかと思っております。

●医療機関としては、患者さまの妊娠率とどれだけパラレルに動くのかというところが気になると思うのですが、そのあたりはいかがでしょうか?

妊娠率については、精子だけではなんとも言えないところがあります。
例えば、あるパラメーターがこうであれば妊娠率がいくつ、といったものはないのが現状ですし、AIHなのかARTなのかにもよりますよね。

また、WHOでは濃度や運動率の基準がありますが、それ以外に何か明確な数値があるかといえば少し難しい状況ですね。これからの課題になるかと思います。

●お値段はおいくらなのでしょうか?

238万円になります。
プラスアルファで顕微鏡が大体、30万くらいですが、いま使われているものを少しカスタムして使うこともできます。

●学会に来られるメンバーの方を教えてください。

本社と大阪営業所から1名ずつ、計2名が参加する予定です。

●学会で最も伝えたいことはどんなことでしょうか?

目視計測から機械での自動計測をご検討の際は、ぜひお声がけください。
電子カルテとの連動にも対応しております。

●今後、どのような開発や新製品を考えられているのでしょうか?

精子計測ソフトウェアの精度向上、形態計測システムですね。
その他、現在目視計測(観察)を行っているもので自動計測が出来る可能性があるものは、チャレンジしていきたいと思っております。

●日頃は医療機関にどのように情報伝達されていますか?

代理店からの紹介などですね。

●御社の事を一言で表すとしたらどんな言葉ですか?

弊社は“確かな動画計測・解析と分野を超えたステージで皆様の期待にお応えしていきます”ということを基本理念としております。
そのため、お客様に驚いてもらえる商品開発や、最先端の画像処理が描き出す、新な世界の挑戦に取り組んでいます。

●来場される先生方に何か伝えたいメッセージがあればよろしくお願い致します。

国産唯一の精子計測装置(CASA)を開発しているメーカーです。
目視計測から機械での自動計測をご検討の際はぜひお声がけください。
電子カルテとの連動にも対応しております。

★関連サイト
株式会社ディテクト
http://www.ditect.co.jp/index.html

SMAS
http://www.ditect.co.jp/smas/
*論文もこちらに掲載しております。

関連記事

コメントは利用できません。

サイト情報をキャッチ

Push7でプッシュ通知を受け取る:


FeedlyでRSS購読をする:


>> プッシュ通知やRSSについてはこちらをご覧下さい

最近チェックした記事

まだありません

最近のコメント

    ページ上部へ戻る