山陰酸素工業(広告協賛)

なぜ受精着床学会への協力をしようと思ったのですか?

大会長のミオ・ファティリティ・クリニック見尾院長とは、開院当時からのお付き合いです。
医療ガスのみならず、エネルギー供給(LPガス)やその他商材のお取引があります。

●御社の得意な分野と技術について教えてください。

弊社は、医療ガスの供給業者です。卵子培養などには、必ずガスが必要であり、またそのガスは供給を切らすことのできない重要なものです。
弊社は、遠隔監視システムなどを導入し、24時間365日ガスの供給を監視し、安定供給を行っております。

●学会に来られるメンバーの方を教えてください。そして各メンバーのアピールポイントがあれば教えてください。

学会のお手伝いをするメンバー
・米子支店 産業ガス課           高垣(課長)
⇒ ミオ・ファティリティ・クリニック様の営業担当
・(本社)営業本部 医療ガスグループ     石井(グループ長)
・(本社)営業本部 医療ガスグループ     昌司(課長)
⇒ 上記2名は、医療を統括する者
・(本社)営業本部 技術部 メディカルチーム 田平(課長)
・(本社)営業本部 技術部 メディカルチーム 西田(課長)
⇒ 上記2名は、ガス供給の技術担当。

●学会で最も伝えたいことはどんなことでしょうか?

ガスの安定供給技術。
医療の現場で要求される、あらゆるガスの供給に対応できる技術を弊社はもっております。

●今後、どのような開発や新製品を考えられているのでしょうか?

特に新製品等はないですが、要求されるガス種や供給条件をクリアーできるよう、研究を続けてまいります。

●日頃は医療機関にどのように情報伝達されていますか?

医療機関へは、医療ガスの納品や設備の点検等で日頃からご訪問しております。必要な情報はその都度、直接提供するよう心掛けております。

● 御社の事を一言で表すとしたらどんな言葉ですか?

「豊かで輝く未来を」
わたしたちは、総合力で地域を支え、生活(くらし)に豊かさを提供し、輝きのある未来に向かって共に前進します。

●来場される先生方に何か伝えたいメッセージがあればよろしくお願い致します。

弊社は、山陰地区(鳥取県・島根県)における病院クリニックへの医療ガス供給の70%以上のシェアを保有しております。創業71年をむかえ、技術に裏づけされる信頼を評価された結果と考えております。この地域の医療の安全安心を支えていることを自覚し、更なる医療の発展に貢献してまいります。

★関連サイト

山陰酸素工業株式会社
http://www.sanin-sanso.co.jp/home/

関連記事

コメントは利用できません。

サイト情報をキャッチ

Push7でプッシュ通知を受け取る:


FeedlyでRSS購読をする:


>> プッシュ通知やRSSについてはこちらをご覧下さい

最近チェックした記事

まだありません

最近のコメント

    ページ上部へ戻る