アイエスジャパン(展示ブース出展)

●なぜ受精着床学会への協力をしようと思ったのですか?

弊社取り扱い製品に関する最新情報や、トピックスなどについて直接ご案内を行う為です。特に日常の営業活動内で、ご面談機会の少ない培養技師様はじめ、コ・メディカルに対しても、積極的にご案内を行います。

業界各社の最新情報、トレンドなど情報収集を行う為です。

 

●御社の得意な分野と技術について教えてください。

弊社アイエスジャパンは石油最大手であるJXTGグループ100%出資の子会社です。また、製造元のアーバインサイエンティフィック社(以下IS社)もまた、JXTGグループ100%出資の子会社です。このため、製造元のIS社と協力しながら事業を行っております。

IS社は不妊治療関連培地以外に、医薬品製造用培地や細胞医療用培地の開発、製造も行っております。弊社には製造部があり、医薬品製造用培地については、製造を行っております。

 

不妊治療関連培地としては、1985年、HTFメディウムを世界で初めて商業ベースで発売を開始致しました。

特に、一液式胚培養液であるCSCメディウムについては、培養3日目の培地交換が不要な為、ラボワーク軽減等が期待出来ます。今でこそ、各社様より類似品が発売されておりますが、本特長を付与した製品としては、IS社が先行販売を行う事に成功致しました。

 

IS社では、品質管理に拘りを持っており、オイルや血清については、従来のMEAに加え、MEGA (Mouse Embryonic Genetic Assay)を導入致しました。これは、不妊治療領域の培養液メーカーでは初となる試験法であり、細胞の未分化能をみるためのマーカーとして、Oct4遺伝子を使用しています。トランスジェニックマウスを作製する際、Oct4プロモーターの下流領域に、GFP(発光遺伝子)を連結したDNAを導入遺伝子としています。従来の形態評価のみでなく、遺伝子レベルでの評価を追加する事により、Lot.間差の品質バラツキを是正する事が出来るものと期待しております。

●学会に来られるメンバーの方を教えてください。そして各メンバーのアピールポイントがあれば教えてください。

ART国内営業に携わるメンバー全員が、理系、生物系出身者であり、技術情報収集、並びに情報提供が得意だと思います。特にもと研究、培養経験者である技術情報担当者が1名在籍しております。

 

●学会で最も伝えたいことはどんなことでしょうか?

老舗のメーカーならではの、品質への拘りについて、お伝え出来るよう尽力致します

 

●今後、どのような開発や新製品を考えられているのでしょうか?

既存製品については、より一層の製品改良に注力致します。

医薬品製造用培地で培った、無血清化技術を活かし、先ずは新たな添加剤の開発に着手しています。

 

●日頃は医療機関にどのように情報伝達されていますか?

現在、営業3名(うち1名は技術情報担当と兼任)で担当分けを行い、全国をカバーしております。人数は少ないですが、個々良い意味で個性的なメンバーがそろっております。

自社製品の枠にとらわれず、幅広い業界関連情報の収集に努め、情報提供を行っております。自社製品に関する正確な情報を伝達する事、お客様のニーズなどの情報収集に努めております。

 

●御社の事を一言で表すとしたらどんな言葉ですか?

「迅速に、丁寧に、嘘、偽りの無い提案型技術営業」です。

 

●来場される先生方に何か伝えたいメッセージがあればよろしくお願い致します。

普段抱えられている問題や、お悩みやご相談等、お気軽にお話下さい。

弊社親会社であるJXTGエネルギーのマスコットキャラクター、エネゴリくんグッズを多数取り揃えております。どうぞお気軽にお立ち寄りください。

 

★関連サイト

株式会社アイエスジャパン

http://www.isj.jx-group.co.jp

 

関連記事

コメントは利用できません。

サイト情報をキャッチ

Push7でプッシュ通知を受け取る:


FeedlyでRSS購読をする:


>> プッシュ通知やRSSについてはこちらをご覧下さい

最近チェックした記事

まだありません

最近のコメント

    ページ上部へ戻る